駆動ロスがないので燃費が良いのがメリット

現在ほとんどの車で採用されている変速方式のATは、トルクコンバーターという機構を使って変速しています。原理としては、扇風機を二つ向い合せたような機構です。片方の扇風機には電源が入っていて、もう片方には電源が入っておらず空転するだけです。この時に一つの扇風機のスイッチを入れて羽を回すと、もう片方がそれにつられるように回転しはじめます。

 

トルクコンバーターには粘性の高いオイル(ATオイル)が封入されていて、このオイルを介して、駆動力を伝達します。つまり厳密に言えばATの場合はギアが直接噛み合って駆動力を伝達しているわけではないのです。AT車のエンジンをふかしても、すぐに加速せずにエンジン音が最初に吹け上がり、その後少ししてスピードが上がるのはこのためなのです。

 

技術革新の影響でAT車の駆動ロスはかなり軽減されましたが、やはりこの点ではMT車にはかないません。MT車の場合はすべて歯車で伝達されますから、駆動ロスもなく、結果的に燃費が良いのです。ただ、ロスがない分、エンジンと車輪が直結していますので、クラッチ操作を誤るとエンジンがストップ(エンスト)します。AT車にエンストがないのもこうしたトランスミッションの構造上の違いに起因するのです。

 

 

 

 

 

Comments are closed.