MTモデルの車が減少傾向にある

最近は、MTモデルの車が減少傾向にあります。それは、MT車がもつデメリットのためです。
まず、最も大きなデメリットとしては、車の運転がとても難しいということです。一方、AT車は比較的簡単に運転することが出来ます。ギアチェンジをコンピューターが行ってくれますし、右足、右手だけで操作することが出来るのです。しかし、マニュアル車は、両手両足をすべて使います。そのため、運転にかなり慣れた人でないと、難しいのです。

 

また、とても減ってきているので、選べる車種が限られてきてしまいます。マニュアル車に乗りたいと思っても、国内では限定された車でしか販売されていないのが実情です。
その他、AT車限定の免許を持っている人が多いため、そのような人たちは運転することさえ出来ないということです。限定の免許ではマニュアル車を運転することが出来ません。

 

しかし、AT車の免許にくらべ、マニュアル車の免許をとるのは手間も時間もかかります。そのため、早く免許をとりたい、早く車を運転したいと思う人はオートマ限定の免許をとってしまうため、実際にマニュアル車を運転出来る人自体が減ってきているのです。
このようにMTモデルの車が減少傾向にあるのは、様々な理由があります。

 

 

 

 

 

Comments are closed.