MTにはこんなデメリットがある

 

今では生産されているほとんどの車がAT車ですが、MT車にも良いところはたくさんあります。エンジンとタイヤが直接つながるわけですから、無駄なエネルギーのロスがありません。したがって、燃費が良くなります。また加速の加減を自身で調整できます。スポーツカーをはじめ、いろいろな走りを楽しむことができます。手でレバーを動かすだけでも楽しくなります。

 

一方でデメリットもあります。操作が面倒です。特に渋滞時に何度も半クラッチをやることは負担です。慣れないうちはエンストを起こしてしまい、後ろの車に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。また、クラッチの磨耗を気にしておかなくてはなりません。磨耗が進むとクラッチが噛み合わなくなり、車を動かすことができなくなります。定期点検などでしっかりとチェックしておかなくてはなりません。

 

それから、やはり急な坂道における発進でしょう。これは慣れておかないと、後ろに下がってしまいますのでたいへん危険です。冬道での発進でも慎重にクラッチをつなぐ必要があります。何度も練習しておかないと、なかなかできるものではありません。そうしたことを十分に踏まえたうえで、車の購入を決めるべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.