バッテリーが上がり時に、押しがけ・引きがけでエンジンを始動できるメリット

最近の車は、オートマティック車が多くなりそれと共にバッテリーの性能も良くなってきまして、あまり上がらなくなってきていますが、かつては古くなって来たり性能が弱くなってきますと、セルモーターは少しは回るのですがエンジンまでは掛からなくなってしまいます。

 
エンジンをどうしても掛けようと思えば、押しがけをするか引きがけをしなければなりませんが、それが出来るのは、ミッション車で有ってオートマティック車では出来ません。
小さくて軽い車でしたら、坂の上から下るスピードを利用するか、数名で車を押してもらって押しがけをします。

 

大きな重い車でしたら無理ですので他の車に引っ張ってもらって引きがけをします。
まず運転手が乗り込み、スピードが少し出てきたころでメインスイッチを入れ、次にクラッチを踏んでチェンジを3速か4速に入れて、スピードが十分だと思った頃にクラッチペダルを上げて、車輪の回転をクランク軸に伝えて回しますと、エンジンがかかるはずです。

 

ここでチェンジに入れておくのは、間違っても1速、ローに入れないようにする事です、ローでは回転の力がクランク軸に伝わった時に、車のスピード、つまり押す力に負担が掛かり過ぎて、クランク軸の回転数が少なすぎたり、車が止まってエンジンが掛からない事が有ります。

 

 

 

 

 

Comments are closed.